アルコールや次亜塩素酸ナトリウムの消毒に対応 「抗菌PVCレザー」 「消毒できるPVCレザー」

2021.12.02

PVCレザー 抗菌PVCレザー

衛生に対する意識が高まり、飲食店や公共の施設などで
PVCレザーを張った椅子への消毒が日常となりました。
新商品抗菌PVCレザー「スイーパー」や
耐アルコール・耐次亜塩素酸ナトリウム加工が施されたPVCレザーは
表面を傷めずに素早く消毒できるので安心です。

新商品 SIAA認証取得 抗菌PVCレザー「スイーパー」

安心して清潔にお使いいただくために、抗菌製品技術協議会【SIAA】試験適合の抗菌PVCレザーがラインナップに加わりました。

抗菌性、安全性、適切な表示、これら3つの基準を満たした製品にSIAAマークが表示されます。
アルコールや次亜塩素ナトリウムで消毒することもできます。

消毒できるPVCレザー

消毒方法について(厚生労働省推奨方法参照)

●アルコール
濃度70%以上95%以下のエタノールを用いて拭き取ります。 
耐アルコール加工を施してありますので、変退色は問題ありません。ただし、縫い目などから裏面の可塑剤にアルコール成分が付着すると硬化して劣化するため注意が必要です。

●次亜塩素酸ナトリウム
市販の家庭用漂白剤を次亜塩素酸ナトリウムの濃度が500ppm(0.05%)または1000ppm(0.1%)になるように薄めて拭き取ります。
PVCレザーは漂白剤系の消毒を行っても、色が抜けてしまうなどの心配はありません。
しかし塩素が残留すると身体への影響や生地の劣化などが起こる場合もありますので、消毒剤に記載されている使用上の注意を守り、必ず水拭きするようにしてください。

※詳細は、厚生労働省HPの「新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について」をご参照ください。