原着ポリエステル糸

2022.04.21

オルガテック 新素材 サステイナブル 原着ポリエステル

椅子張り生地やパネルクロスなどの資材用ファブリックには、必要とされる品質や作業性を保つため、ポリエステルは欠かせない原料です。しかし意匠性や強度に優れた繊維である一方、製造工程で多くの工業用水やエネルギーを使用します。特に染色工程では大量の水を使い、化学薬品や染料も排出されるため、水使用量の抑制が重要です。その解決策の一つとして挙げられるのが【原着ポリエステル】です。【原着ポリエステル】とは、原料のポリエステルペレットを溶かして繊維にする際に顔料や染料を加えて着色するポリエステルのことを言います。原着ポリエステルは染色工程がないため、一般的な工程と比較して水使用量、エネルギー消費量、CO₂排出量を大幅に削減できます。また原料に色素を直接練り込んでいるため、アウトドアや日当たりの良い室内での使用や消毒など、染色堅牢度に優れたファブリックを求められる場合にも適しています。

着色工程

「原着ポリエステル糸」使用 在庫商品

資料(PDF)

原着ポリエステル糸