ケミカルリサイクルポリエステル -RENU®️-

2022.04.21

オルガテック 新素材 サステイナブル 再生ポリエステル ケミカルリサイクル

世界では毎年約1億トンを超える繊維が生産されているといわれていますが、リサイクルに回されるものはほんの一部で、残りの大部分は焼却や埋め立てで廃棄されています。また新しい繊維製品が生産されるときには多くの石油資源が使われます。繊維業界が抱えるこのような課題に対して何か行動できないだろうか。そんな思いからRENUプロジェクトはスタートしました。
ケミカルリサイクルは、要らなくなった生地や洋服、製品の生産時に出た残反や裁断くずを原料とします。分解・再重合などといった化学的な工程を経ているため原料の持つ色や雑物などは全て除去され、石油由来のポリエステルと比較してもクオリティが劣らないポリエステルを生産することができます。今まで廃棄するしか方法がなかった繊維を循環利用していく取り組みです。

繊維から繊維へ

「Thousand サウザン」+RENU®️ *参考商品

再生材を100%使用して意匠糸づくりから取り組んだ、天然素材のような深みのある表情が魅力の先染め織物です。
一部に回収した繊維からリサイクルした糸RENUが使われています。

ポリエステル100%(再生ポリエステル100% ペットボトル再生ポリエステル71% RENU29%)

*+RENU®️は参考商品です。詳しくはお問い合わせください。


資料(PDF)

ケミカルリサイクルポリエステル -RENU®️-